You are here: Home // SUZUKI, YAMAHA, 新車情報 // スクーターの納車整備

スクーターの納車整備

新車で購入されたスクーターが末永く乗られる様にMS功和ではスクーターにもスペシャル納車整備を実施しています。

通常整備の増し締めをメインにする作業では無く『分解、グリスUP』等をおこなう作業になります。

バッテリー充電 ブレーキレバーの軸にグリス ケーブルに給油 スロットルグリップに給油

メーカー出荷時、Bレバーの軸にはグリスがほとんど塗布していなし、スロットルは一番スムーズに動かなくては
ならない箇所ですが、全く油分がついていない状態です。

固いオイルを塗布します スロットルは給油NG 新車から外した状態 グリスを塗布した状態

スロットルケーブルはテフロンコートが施されているので、潤滑剤を塗布するとふやけてしまいますので給油NGです。

フロントのアクスル 後ろのブレーキ Rホールも外します カサカサなボルト類

足回りの作業に移ります。高速で回転するホイールのシャフトですが、出荷時は何も塗布されていません。
このままだと、腐食の原因になるのでグリスを塗布し、噛り付き防止スプレーも塗布します。

Rホイールのスプライン 噛り付き防止 オイルの量 オイルフィラキャップ

外したRホイールのスプラインにグリス分を塗布するのですが、これを怠ると次のタイヤ交換等の時に錆びついて
外す事が困難になります。 外したボルトにもスプレーします。
オイルチェックですが、スズキの場合オイルフィラキャップは締めこまずに測定致します。

バッテリーが充電され、エンジンを始動し灯火系をチェックし、スペシャル納車前整備は完了致します。

この整備内容が、安売りショップと大きく異なります。

もちろん、ここまでの整備を希望しない場合はお値引対応とさせて頂きますのでご相談ください。