You are here: Home // メンテナンス // ECU故障診断機

ECU故障診断機

2000年以降、ほとんどのバイクがキャブ車からFI(フューエルインジェクション)に吸気系が変更された事により
キャブのパイロットスクリューの調整でエンジンの調子等を診断していたのですがFI化し、各センサーがバイクに取り付けられました。

そのセンサーから出ている信号が正しいか、異常な電子機器は無いか?を調べるのがECU診断機になります。
表題の国内4メーカーの診断機と記しましたが、カワサキ、ホンダ、ヤマハ、スズキ・・・メーカーによって診断機が異なります。

モトショップ功和は国内4メーカーの正規取扱店になっています。これは世田谷区の数あるバイクショップの中で2社しかありません。
言い換えると、ECUの故障診断の作業を行えるのは2社しか無いのです。

2000年以降、50cc~リッタバイクのほとんどがインジェクション化しています。
故障診断機があるモトショップ功和なら、通勤や趣味でご使用されているスクーターやオートバイの『心』の状態が解ります。

是非、当店にて愛車のメンテナンスをお任せ下さい。

診断風景
スズキ車の場合

ヤマハの場合